糟糠の妻との共演は、ヤナーチェクのエキセントリックな部分より優しく叙情的な要素を際立たせた、円熟のデュオである。