第10回

パオロ・ボルチアーニ国際弦楽四重奏コンクール

レッジョ・エミリア便り

音楽ジャーナリスト 渡辺 和

イタリアの・レッジョ・エミリアにて
第10回パオロ・ボルチアーニ国際弦楽四重奏コンクール
いよいよ、本選間近だ。
 
音楽ジャーナリストの渡辺 和さんが
大阪からイタリアに飛んで
リアル・タイムでレポート。
 
このコンクールは
ライヴストリーミングを行なっているので、
リアル・タイムで演奏を鑑賞することもできる。
現地の審査員、聴衆と一緒に
コンクールを聴くことができるのである。
http://www.iteatri.re.it/Sezione.jsp?titolo=Live+Streaming&idSezione=3387
 
 
今回のコンクールでは、10団体が出場
 
課題曲として、
 
1次予選では、ベートーヴェン《ラズモフスキー》第1番の第1楽章(ペータース版)、それに列挙された古典派、ロマン派、現代までの作品群から1曲。
 
2次予選は古典派からロマン派までのリストから1曲、それに近代から現代までのリストから1曲。
 
3次予選はリストアップされた古典派から1曲、ベートーヴェン《ラズモフスキー》第1番全曲、それにマティアス・ピンチャー、トマス・アデス、ヴォルフガング・リームの3曲からどれか1曲。そして本選は、リストにある全演目からお好きな1曲である。
 
審査員
池田菊衛氏審査委員長ヴァイオリニスト・元東京クァルテット)
フレッド・シェリー(チェリスト)
ジェラルディン・ヴァルサー(ヴィオリスト、タカーチュQ)
ハイメ・ミューラー(ヴァイオリニスト、元アルテミスQ)
シモーネ・グラマグリア(ヴィオラ奏者、クレモナQ)
エンリコ・ブロンズィ(チェリスト、トリオ・デ・パルマ)
マルタ・アルゲリッチ(ピアニスト)

 

パオロ・ボルチアーニ

国際弦楽四重奏コンクールについて

http://www.iteatri.re.it/Sezione.jsp?titolo=Competition+2014&idSezione=2437

 

このコンクールが開催されている

イタリアのレッジョ・エミリアは、

戦後ヨーロッパで弦楽四重奏の

ひとつの頂点を極めた

クァルテット・イタリアーノの誕生の地である。

 

第二次世界大戦で

心に傷を負った多くの人々に

クァルテット・イタリアーノは、

その純正な弦楽四重奏の響きをもって癒やし、

その活動は、

イタリア、ヨーロッパ、世界へと

拡がっていったのである。

 

クァルテット・イタリアーノ

第1ヴァイオリン奏者の

パオロ・ボルチアーニが

1980年に没したその7年後、

彼の楽器と

妻であり第2ヴァイオリンの

エリサ・ペグレッフィの使っていた

ヴァイオリン

を賭けた弦楽四重奏コンクールが始まる。

 

これが

パオロ・ボルチアーニ国際弦楽四重奏コンクールの

始まりである。

 

このコンクールのさらなる詳しい経緯は、こちらから

INDEX

© 2014 by アッコルド出版