第8回大阪国際室内楽コンクール&フェスタ

大阪初夏の陣

音楽ジャーナリスト 渡辺 和

 5月13日から22日にかけて行なわれている

第8回大阪国際室内楽コンクール&フェスタの模様を

音楽ジャーナリストの渡辺 和さんが

リアル・タイムでお届けします。

 

大阪国際室内楽コンクール&フェスタとは?

http://www.jcmf.or.jp/

 

★世界でも有数の室内楽コンクール

大阪国際室内楽コンクール&フェスタは、3年に1回開催されるコンクール、そして同時開催される室内楽フェスタからなっている。(於:大阪・いずみホール)

 

今年第8回目を数えるが、すでに国際音楽コンクール世界連盟会員となっており、世界で最も権威のあるコンクールの一つ。

 

★特徴的な部門

部門は、第1部門として弦楽四重奏が毎回固定。

世界の弦楽四重奏のコンクールの中でも、同コンクールには世界中の強豪が参加し、優秀な成績を収めた団体の多くが、その後大きな活躍を展開している。

第7回では、アメリカのアタッカ・クァルテットが優勝。

 

第2部門はその年によって、管楽アンサンブル、ピアノ三重奏・四重奏……と形態が変わる。

第7回では、フランスのサックス・アンサンブルであるモーフィン・クァルテットが優勝。

 

フェスタ部門は、2〜6名の室内楽で、楽器編成は自由。年齢制限や課題曲のない聴衆志向のコンクールである。

民族音楽的なものから、現代的なパフォーマンスを取り入れたアンサンブルまで自由である。

 

この部門は、巨匠メニューインが提唱したもので、フェスタ部門の最優秀団体には、メニューイン金賞が授与される。

第7回では、ロシアのトリオ「国境なきクラシック」が金賞を受賞。

 

このフェスタの最大の特徴は、ボランティアの音楽愛好家100名による審査である。多くの聴衆に審査員の立場で、より深く室内楽を聴いてもらうことによって、世界各国の優れたアンサンブルを発掘するという意図もある。

 

★各地でグランプリコンサート

各部門優勝団体には、日本各地でのグランプリ・コンサートが、用意されている。

 

 

★なお、アッコルド読者への読者プレゼントとして、

優勝団体の披露演奏会の東京公演が、22日(木)19時より、サントリーホールのブルーローズで行なわれるが、主催の(公財)日本室内楽振興財団のご厚意により、アッコルドをお読みの皆さん先着20組(40名様)をご招待。 詳細はこちらから
 
出演団体は、コンクールの第1部門(弦楽四重奏)と、第2部門(ピアノ三重奏/四重奏)の優勝団体。

ライヴストリーミング(終了)

http://www.ustream.tv/channel/the-8th

INDEX

© 2014 by アッコルド出版