尾池のブルーマンデー憂さ晴らし

ヴァイオリニスト 尾池亜美

第86回私の恩師、澤和樹先生の

還暦記念

ファンドレイジング・コンサート

明けましておめでとうございます!憂さ晴らしのお時間です。
 
2015年もどうぞよろしくお願いいたします❤︎
 
今年のお弾き初めはヴィオラからでした。東京芸大の音楽学部長でもある、私の恩師、澤和樹先生の、還暦記念・ファンドレイジング・コンサートでした!
ご覧下さい、この舞台じゅうに広がる椅子と、なだれ込む弦楽奏者たち。なんと総勢120名以上!
 
このコンサートは、音楽学部長を務められる澤先生が、法人化した国立大学の経営に危機を感じ、収益を芸大へ寄付する形で開催されたものです。
 
奏者はチェロとコントラバス奏者以外、ほぼ全員澤先生のお弟子さん。予想を遥かに超える奏者が、全員無償で澤先生と芸大のために集まったのは、先生の人徳としか言えません。
 
 
コンサートにはあの葉加瀬太郎氏、NAOTO氏もいらして、MCもたっぷり、お客さんも大喜び。おふたりとも、澤先生のお弟子さんだったのですね。
NAOTO氏と、高校大学と私の同級生の前田奈緒、岡本彩香と。
 
今日は120名を超える合奏だったのですが、リハは前日の数時間のみ。それでも不思議と、音の種類や、音楽の方向性が合ったのは、全員が同じ先生に薫陶を受けていたからなのでしょう。
 
最後に演奏したレスピーギの、リュートのための古風な舞曲とアリア第三番は、第一音からいままで経験したことのないような、深い輝きがありました。
 
面白い演出も盛りだくさんで、前半のアンコールには、澤クァルテットでハッピーバースデーのうたをウィンナーワルツ風、ジャズ風、ハンガリーのチャールダーシュ風に…それを、各国からのお祝いのメッセージと称して演奏されたのでした。
 
そのナレーションのための影アナも、私が担当させて頂いたりして。(笑)
 
お弾き初めは、お喋り初めでもありました。
今年も、トークを楽しく頑張りたいと思います。
 
演奏もがんばります(笑)
 
本当に素晴らしい会でした。
そして、芸大がこれからもお金の心配を少しでも少なく、やっていけることを切に願います。
 
さて、今週末には、サロンコンサートがあります。ヴァイオリンとチェロのみのコンサート、珍しいものなので、ぜひ遊びにいらしてくださいね♪
http://office-amici.com/ami/20150111.htm
 
それでは、良い一週間を!
 

© 2014 by アッコルド出版