受賞を祝うべく駆けつけたクァルテット・エクセルシオの仲間達に囲まれて。大友の無茶な活動を支え続けた夫人や、大阪国際室内楽コンクールのプロデューサーらもかけつけ、「室内楽奏者」としての活動への評価を共に祝った。