尾池のブルーマンデー憂さ晴らし

ヴァイオリニスト 尾池亜美

第62回 あなたなら何の曲を合わせますか?

こんにちは! 憂さ晴らしのお時間です。
この夏に、
また絵画とのコラボレーションをさせて頂くので、
その方のアトリエへお邪魔してきました。
 
今回は若手の作家さんで、
才能だけでなく信念と意思、
そして優しさと地球への愛を
感じさせてくれる作品なので、
見て居るだけで刺激を貰えました。
 
芥川有さん。
その作風はホームページでもご覧になれますが、
何しろ絵のテクスチャーが個性的で美しいので、
生で見ると全然違います。
 
どうやら彼女が独自で編み出した絵の具の調合で、
色の深みや、
乾いたあとの艶を作り出して居るそうです。
ひと筆ひと筆の絵の具は
乾くのにとても時間が掛かり、
描いては乾かし、描いては乾かしを繰り返すそう。
そうして出来上がった作品のとなりで、
作曲家が悶々して生きた証を詰め込んだ『曲』を
演奏出来ることは、とても幸せなことに思えます。
 
http://www.yu-akutagawa.com
あなたなら何の曲を合わせますか?
 
芥川氏ご自身が
音楽や文学からインスピレーションを得るそう。
やっぱり作家さんたちは
色んなジャンルを行き来するんですね。
私も絵が好きといって、
たまたま持っていた絵を恥ずかしながらお見せすると
『日本人らしさがあって上手』
なんて言ってもらってしまって、
デレデレしながら帰ったのでした。
 
またある日は、
芥川氏の作品を飾って演奏する会場であるギャラリーへ。
そこには常設展のように常に置かれている、
売り物の作品群がありました。
 
写真1
この白い葉のツリー。実は折り鶴なんです。
一万羽の折り鶴が樹に結びつけられ、
上昇するという素晴らしい作品。
こちらも20代の作家さんだそう。
 
写真2
そのバックに飾られていた絵も
深みと動きがあり色味も素晴らしい。
和室に飾ってもいけそうな作品でした。
 
写真3
作品のまえでは、
即興の苦手な私も自然と音が湧いてきます
当日は即興演奏も盛り込む予定。
8/9,16日の開催です。
詳細が出たらまたお知らせいたします♪
 
では、暑さにマケズ、よい一週間を。 

小野川直樹

小野川直樹

飯田文香

Webアッコルド1周年を記念して、

1日限り、「リアルな場所」で

アッコルドを展開します。

空を見わたせる会場で

昼から夜への

移り変わりを眺めながら

弦楽器の響きに触れてみませんか?

尾池亜美さん率いる

アミ・クァルテットが出演します。

 

アッコルド1周年記念イベント

 

7月21日(月・祝)海の日

 

会場 ソラハウス(渋谷)

東京都渋谷区神南1-5-14 三船ビル8F

開演 18:15(開場:17:30)

料金 ¥10,000(軽食付き)

定員 40人

(演奏、コラム執筆者・森元志乃さんとの対談など)

 

公開リハーサル

開場 15:00

料金 ¥2,000

定員 20人

 

曲目

フォーレ/パヴァーヌ

ドビュッシー/弦楽四重奏曲 ほか

 

アミ・クァルテット

1stVn  尾池亜美

2ndVn 森岡 聡

Va    長尾春花

Vc    山本直輝

 

詳細 http://www.a-cordes-ronde.com/#!concert20140701/c24gx

 

お申し込み http://eventregist.com/e/a-cordes

 

 

 

尾池亜美さん

クァルテットへの思い〈1〉

 

尾池亜美さん

クァルテットへの思い〈2〉

 

 

 

 

© 2014 by アッコルド出版