初めて出逢うヴァイオリン生徒さん募集

── 初めてヴァイオリンを持つところから ──

アッコルドでは、Webサイトの新しい企画として、
初めてヴァイオリンを持つところから始める
レッスン記事を開始します。
 
つきましては、
ヴァイオリンの手ほどきのモデルとなってくださる
生徒さんを募集します。
 
年齢が4歳から5歳くらいで、
ヴァイオリンをそれまでまったく触ったことのない方、
レッスンを受けたことのないお子さんを公募致します。
 
生まれて初めて楽器と出逢うところから一定の期間、
成長の記録を撮り、
Webアッコルドでレッスンとその記録をアップします。
 
●講師:勅使河原真実先生
●レッスン料:無料
●教材:実費
●会場:東京都・荻窪のスタジオ・他(予定)
●締切:3月 9日(日)
 
ヴァイオリニストの勅使河原真実(てしがわら まみ)先生に
指導していただきます。
 
ご興味のある方、ご希望される方は、
以下のアドレスへご連絡ください。
ご本人とご父兄の方と委細面談させていただきます。
 
連絡先:a.cordes.editeur@gmail.com(アッコルド)
 
 
勅使河原 真実(てしがわら まみ)プロフィール
 
4歳で桐朋学園大学附属子供のための音楽教室仙台教室に入室。6歳よりヴァイオリンを始める。
 
桐朋女子高等学校音楽科を経て桐朋学園大学音楽学部演奏学科卒業。同大学研究科を修了。
 
1987年米国イェール大学より奨学金を得てノーフォーク音楽祭に参加。
 
以降、度々渡欧し、イフラー・ニーマン、ヘルマン・クレッバース各氏に師事。 ソロ、室内楽、オーケストラ、現代音楽、ポップス、ジャズまで幅広い演奏活動を行ないつつ、後進の指導に打ち込み、数多くの優秀な門下生を輩出している。
 
故 鷲見三郎、辰巳明子、瀬戸遥子、ゲルハルト・ボッセ各氏に師事。
 
現在、 桐朋学園大学附属子供のための音楽教室、洗足学園音楽大学にて後進の指導を行なうほか、国内、ヨーロッパの音楽祭に招待を受けてマスタークラスを行ない、コンクールの審査員を務める。
 
自分自身のコンサート以外に、門下生のソロ、合奏のコンサートを企画し、生徒とともに演奏する機会を持つこと、また演奏を通して社会に貢献することに熱意を持って活動している。
 
 
 

おすすめ記事

 

第8回「大阪国際室内楽コンクール」で初めてのマスタークラス

(ライナー・シュミット審査委員、パスカル・ロジェ審査委員)

 

ヴァイオリン弾きの手帖

ヴァイオリニスト ヴァイオリン教師 森元志乃

 

尾池のブルーマンデー憂さ晴らし

ヴァイオリニスト 尾池亜美

 

© 2014 by アッコルド出版