今日のグルーヴ〈443〉

う世の達人は、膨大な時間を使って勉強したり練習したりしているとは限らない。膨大な時間を使っても、その勉強の仕方や練習の仕方が良くなければ、無駄になりかねない。


いくら勉強しても練習しても上達しないとすれば、それはそのやり方に問題があるに違いない。


俗に言う頭の良い人というのは、知識の量が豊富で思索も巧みである。まず知識であるが、一度聞いたり読んだり理解しただけで、覚えてしまうのである。


これはおそらく集中力がなせる業に違いない。我々が何度も反芻して覚えることを即座に覚えてしまうのである。


しかし、この能力は達人だけのものだろうか。我々は、好きなこと、興味を持っていること、感銘を受けたことというのは、覚えようとしなくても覚えている。自分にとって感銘を受けた映画であれば、一度見ただけでストーリーを覚えているものである。


歳をとったら記憶力が衰えると言われているが、これは、意図的に記憶力を減退させているか、興味の対象が減ったかである。真に記憶力が衰えることはないはずである。その証拠に、我々は何十年も前の話を克明に話したりすることができるのである。


ゆえに、我々は自分が興味を持っていないことに対しても、興味を持てば、おそらくすぐに覚えてしまうだろう。


楽器に関しても、集中力に違いない。実は練習しているようで、ウォーミングアップと称して、ただパラパラやっているに過ぎないことが多いのではないか。


楽器の上達は、集中力がもたらし、しかも一瞬にして起きるように思えてならない。

おすすめの投稿