今日のグルーヴ〈433〉

学生時代までの人生と、それ以降の人生とを比べると、それ以降の人生のスピードは、坂を転がり落ちるように速い。これは飲み会で、ある時間以降、信じられないくらい時間の経過が速くなるのと似ている。


時間が伸び縮みするのは、誰しも経験していることである。時間が短く感じるのは、充実しているから、グルーヴしているからなのだろうか。


アンサンブルをしているときも、もの凄く時間が経つのが速い。学生時代、アルバイトをしている時、時間の経過の速さに驚愕したことがある。初めて仕事をした日の時間の速さにも唖然としたことがある。


飲み会では、酔いによって、ある種トランス状態になり、脳は素面の時よりも精力的に働き出す。一番精神的にも肉体的にも充実しているの20代から50代までの約40年間も、これと同じ状態なのではないか。


充実しているというより、ただ忙しいだけなのではないか。自分以外の、つまり外部からの情報があまりに多いのである。我々は、社会に出れば自分が発する情報よりも、圧倒的に大量の外部からの情報に翻弄されまくっている。


自由主義社会とはいえ、いや、それゆえに多くの人々は、常に何かしらのノルマに追われている。おまけに過去を後悔し、未来を思い煩うという、愚かな行為で、さらに時間の浪費をしている。今を生ききることは意外と難しい。


どうすれば、充実しつつ、時間の経過もゆっくりになるのか。

考えに考えた結果、ますます時間は減る一方であるゆえに、考えること自体のは、下手の考え休むに似たりであるという結論に至った。


人間は、寝て体を休ませる。しかし、脳を休ませることをしているのだろうか。寝ているときも、夢を見ていて24時間、脳は活動しているようなものである。歳をとったら多少ボケるのは自己防衛本能なのではないか。




おすすめの投稿