今日のグルーヴ〈364〉

映画や動画にも、心動かされるものには、当然ながらグルーヴ感はあるだろう。

では、絵画や彫刻のような静止しているものはどうなのか。


あるいは建築物はどうなのか。


音楽にグルーヴ感があったりなかったりするのと同じように、静止しているものにも広義のグルーヴがあったりなかったりするに違いない。


それは、経験的に体感しているのではないか。


例えば、かつては活気のあった商店街が、何らかの事情で、閑散としてしまった情景に遭遇することがある。


明らかに、活気はグルーヴであり、生気の無い閑散として状態にグルーヴはない。


家は、人が住まないと、腐っていくという。実際そうである。生まれつきグルーヴを持っている人間がいてこそ、家は生きていくものであり、呼応してグルーヴを生み出す。


そのような事を考えると、動静関係なく、グルーヴはあるはずだ。


ゆえに、絵画や彫刻にもグルーヴあるに違いない。


実際、心を動かされる絵画や彫刻に遭遇するというのは、グルーヴがあるからなのではないか。


窓から見える景色、あるいは大自然は、一見、静止しているように見えるが、言うまでもなく、常に変化し続ける。


諸行無常ということである。しかし、諸行無常の一瞬を絵画や彫刻は、書き留めるのである。卓越した芸術作品には、その一瞬にグルーヴを表現する。


諸行無常という理念に対し、我々は空しさや儚さを感じるが、むしろそれは誤解なのかもしれない。諸行無常は、まさにグルーヴの証明である。

おすすめの投稿