今日のグルーヴ〈339〉

誰もが持っているグルーヴであるが、同じグルーヴというのは、人間の顔が全員違うがごとく、無い。


しかし、全く違うグルーヴを持っている同士が、アンサンブルをすると、まったく新たなグルーヴが作られる。ここにアンサンブルの醍醐味があり、アンサンブルをする意義があるに違いない。


もし、新たなグルーヴが生み出されないのだとしたら、誰かのグルーヴに合わせようとしているからなのではないか、と想像している。


アンサンブルの目的は、ぴったり合わせることにあるのではない。グルーヴを生み出すことにある。だが誰かに合わせるというやり方では、グルーヴは生み出されない。


交通整理をしようとするやり方では、グルーヴは生み出されないし、そもそも、ぴったりのアンサンブルですらない。グルーヴを闘わせるところに、グルーヴは生み出され、結果として、ぴったりのアンサンブルなのである。


ぴったりのアンサンブルは目的では無い。結果である。


グルーヴは、まさに生きるエネルギーであると同時に目的でもある。


アンサンブル全員に積極性があるところにグルーヴが生み出され、聴衆もグルーヴの醍醐味に共感を覚えるのである。


なんだかんだ言っても、クラシック人口よりロック人口が多いのは、このグルーヴの違いに違いない。


もともとは現代音楽の歴史であるクラシックにグルーヴがないはずはない。


しかし、クラシック音楽が権威となり、敷居が高いと思わせた瞬間に、グルーヴは消滅する。


タグ:

おすすめの投稿

最近の投稿

アーカイブ
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
タグ検索

© 2014 by アッコルド出版