top of page

今日のグルーヴ〈265〉

クラシックのコンサートのプログラミングが現代のようにパターン化したのはいつからだろうか。


基本的なプログラミングは、序曲や前奏曲等の比較的短めの曲で始まり、次にコンチェルト、そしてメインにシンフォニーやそれに匹敵するくらいの重めの曲、そしてアンコールという場合が多い。