top of page

今日のグルーヴ〈197〉

喫煙者と非喫煙者が、討論すると、最後は必ず喧嘩になって終わる。喫煙者、非喫煙者それぞれに言い分があり、絶対に相容れないためだ。それは世界共通である。

煙草は嗜好品であるから、吸うのは自由である、それをとやかく言われることに喫煙者は相当な反感を持つのであろう。

嗜好品は勿論自由である。しかし、残念ながら煙草が周りに与えてしまう影響はほかの嗜好品と比べてはるかに大きいのである。

喫煙者が嫌われる理由の一つに、歩き煙草、そして煙草のポイ捨てがある。これは、いっこうに無くならない。街を歩いていても必ず出くわす。

おそらく、煙草が売られている限り、喫煙者がいなくなることはないだろう。また、やめたくてもやめることのできない人もいるだろう。

であれば、試したことの無い私が提案するのなんだが、キセル(煙管)を試してみてはどうだろうか。