top of page

今日のグルーヴ〈186〉

玉木宏樹先生にとって、純正律の啓蒙は玉木ワールドの一つであった。ところが革命的音階練習はピタゴラス音律で演奏しなければならない。当然と言えば、当然であるが、音楽は、そう簡単に話がすむ世界ではない。そこが、音楽の難しいところでもあり奥深いところでもあり、魅力でもある。


私の結論であるが、純正律にこだわってはいけない。ただし純正の和音は活用すべきものである。その純正の和音もここ