top of page

今日のグルーヴ〈183〉

ある程度、満足のいく演奏法を習得したとして、その次には、やはり聴く人に感動を与える演奏をしたい。自分でなくてはならない演奏をしたい。


自分でなくてはならない演奏とは何を持って言うのだろう。超絶技巧の様なテクニックも一つの方法であるが、ここはやはり歌心で感動してもらいたい。