今日のグルーヴ〈159〉

アッコルド青木の今日のグルーヴ 〈159〉 2017/1/25


最近の記者会見を見ると

記者のノートパソコンの

タイピングの音が大きい。

何十人もの人が、同じように

叩くから騒音に近い。

なんであんなに力一杯叩くのだろうか。


その昔、

まだパソコンが一人一台にまで

普及していない頃、

パソコンで仕事をしている人は

遊んでいるように思われていた。

そういう時代だった。


いまだに

タイピングの音がしないと、

仕事をしていないように

思われるのだろうか。


力一杯キーボードを叩いたら、

仕事をしたという充実感に

浸ることができるのだろうか。


あんなに一心不乱に

タイピングしていて、

会見の内容を吟味するゆとりが

あるのだろうか。


いずれにしても、

タイピングの下手さ加減を

暴露しているようなものだ。


おそらくブラインド・タッチを

やっていないから、キーボードの

文字が見えるように、手のひらを

高い位置に置き、そこから、打鍵

するものだから、無駄に力一杯

打鍵しているのだろう。


このタイピングを続けていると

肩は凝るし、下手をすると

腱鞘炎になりかねない。


楽器演奏も、スポーツも

脱力が大事である。

タイピングも脱力が大事である。


最近、

アイソレーションキーボードが

普及されているが、

静かでとてもいい。


タイピングしているのかどうか

分からないくらいである。


これが使いにくい、と言う人は

おそらくブラインド・タッチを

やっていないから使いにくいのだ

と思われる。


ブラインド・タッチは

一週間、我慢すれば、

必ずできるようになる。


今日もグルーヴィーな一日を。



アッコルド青木日出男

おすすめの投稿