『おみぃのおと。』

 

ヴァイオリニスト 尾池亜美

第9回 基礎練時は音程とか気にしない

ハイフェッツの音階練習をもとに、3度の練習の最中ですが、同時に右手のエクササイズをしています。どちらかといえば左手の3度よりも右手の指に集中しているので、3度の音程はぜんぜん気にしていません。
 
そして右指を動かすことに集中しているので、発音や音の美しさも全く気にしていません。むしろ気にしちゃいけないんです。慣れない動きだから、変な音が出て当たり前なんです。
 
ある1点に集中しているときは、他は気にしない。右指が色々な形をとっても弾けるようになる。これだけに集中します。
 
右手の持ち方を変えて練習するというのは、普段あまりしませんが、クレス氏が薦めるエクササイズの一つです。これによってどんな状況(FFやPP、音色の変化のために持ち方を工夫したり)であっても、弓の持ち方を柔軟かつブレれずに保てるような「指の筋肉」が育ちます。
 
やっぱり正しい持ち方とはいえ一つの持ち方には固執出来ません。柔軟なのが一番。柔軟であるために、時には音質を犠牲にしての基礎練習も、大いに有りです。
 
まだまだ変化、進化し続けるぞー。
今日はこんなところです。
 
また今週の金曜日、8/7にUstream放送する私のライブ情報をお届けしますね。
 
日本時間の夜19:30から21:30のオンエアです。もちろんその後も記録としてご覧いただけます。
 
アッコルドのウェブサイト上でも見られるようにします。こちらから
 
それではまた!

Ami Oike

French Romanticism

尾池亜美 ヴァイオリン

 

尾池亜美(ヴァイオリン)

佐野隆哉(ピアノ)

 

セザール・フランク:ヴァイオリン・ソナタ・イ長調

カミーユ・サン=サーンス:ヴァイオリン・ソナタ第1番ニ短調Op.75

クロード・ドビュッシー:夢

 

定価2,500円(税込)

 

http://sp.tower.jp/item/3538794/French-Romanticism<通常盤>

こんにちは、、、
暑いですね。ヨーロッパの建物はたいてい連坊がついていないのですが、近年極端に暑くなることが増えて、とうとうグラーツの家でも扇風機を購入しました。
 
日本に帰ると亜熱帯を感じます。冷房をつけないと、練習になりません。
やっぱりある程度空気がカラッとしていないと、意識も朦朧としてきて集中できません(笑)なのでコンサートホールも、寒いくらいのことが多いですが、それでもありがたいですね。
 
さて今回も動画をご用意しましたが、方法論ではありません。どちらかといえば「何でもない日常」のような。そして基礎練習をしています。
 

© 2014 by アッコルド出版