ハーピストSANAEのハープ革命

第18回「エレクトリックハープ」

これまでグランドハープや、ハープの種類や歴史について
エレクトリックハープではエレアコハープに関してを
ちょこちょこ取り上げてきましたが、
今回はいよいよエレクトリックハープについて☆
 
エレクトリックハープにも、
エレキギターのように種類があります。
アコースティック楽器がベースとなっているエレアコハープは、
その名の通りアコースティックの音をアンプから出せるのが
おそらく最大の持ち味でしょう、
またアンプを通さなくても、
生音の楽器としてももちろん使えます。
 
一方、今回とりあげるエレキハープ、
私のプロフィール写真のブルーのハープがそうですが、
アンプを通さなければ、コンサートができません。
 
楽器がどういう仕組みになっているかというと、
弦の一本一本にピエゾというピックアップが付いていて、
(写真:弦の部分)
 
これで一音、一音を取り込んで、
楽器の端子からアンプへ接続します。
この写真がその端子部分、
スイッチに見えるのは電源ではありません、
ステレオとモノの切り替えのスイッチです。
(写真 下)
 
アンプで圧をかけることによって、
初めて音が出るので、
生音が活かされた音質ではなく、
エレクトリック感たっぷりな音が素の音になります。
 
で、勘違いされやすいのは
繋いだら演奏がすぐに出来るんでしょ、
ボタンひとつで、生楽器よりずっとラクなんでしょ、
と思われがちだということ。
ちがいます! ちがうんでーーーーっす!
 
エレクトリックの奥深さは、ここからがスタートなのです。
機材選びも重要、
つなぐシールド(ケーブルのこと)の選択ひとつで音が変わりますし、
機材をつなぐ順番によっても音が変わってしまいます。
 
そして、エフェクター等の様々な機器を使って、
自分の表現したい音、テクニックに合う音を
ゼロのところから創りだしていくのです。
特にエレキハープは、ギターとちがってお手本がありませんので
私自身でテクニックも音も、ゼロからつくりあげていきます。
 
何の音質を作れば正解なのか、
この答えは、プレイヤーによっては
追い求めても追い求めても、
おそらく永遠に出ないでしょう、
「これが答えです!」というものが無いのです。
 
でも、エレキのギタリストは
「これがオレのソロの時の音だ!」というものは
だいたい持っています。
 
エレキハープの場合は、ギターではないので
演奏者や楽器のキャラ、特徴、持ち味も違うと思いますが、
だからといって、
従来のハープのイメージにおさまることもない楽器、
要はものすごい可能性を持った楽器だと言えます。
 
私の場合は、ロックやジャズ、ポップスもやりますし、
「これがハープらしい」に全くこだわっていないというよりは、
むしろ、その固定概念以外の、新しい音を出しているところです。
 
どんな音が聞いてみたいかたは~~
 
ここで、ちゃっかり宣伝ですがwww
2月に私、SANAEのライブがございますので
どうぞ聞きにいらしてくださいませ!
「え?これハープ?」というような、
まさに「ハープ革命」そのものの、
ポップで迫力ある、楽しいサウンドをお届けします!
 
***
 
【エレクトリックハープSANAE Special LIVE】
 
2015年2月15日(日)18:00開場、19;00開演  
会場・THE GLEE(神楽坂 / 飯田橋)
   http://theglee.jp/access/
¥4000(自由席・ご飲食代別)
※お席に定員がございますので、ご予約くださいませ。
 
出演
SANAE:エレクトリックハープ
岡田ユミ(作編曲家・音楽プロデューサー):シンセサイザー
   http://innovation.net.co/yumiokada.html
伊藤雅昭(Macha):ギター
松本シンジ:ベース
 
ご予約・お問い合わせ:THE GLEE 
Tel: 03-5261-3124(10:00~18:00)
03-5261-3123
http://theglee.jp/live/1058/
 
*****
 
以上、ちゃっかり宣伝でしたwww
 

 

SANAE(ハープ奏者)

 

日本におけるエレクトリックハープの第一人者として、本邦初の立奏スタイルを採用し、これまでになかった斬新で革新的なハープサウンド、ステージ、新しい演奏テクニックをも生み出す新しい可能性を拓くハーピスト。

 

エレキハープ、エレアコ・ハープ、グランドハープ、レバーハープ、シングルアクションハープ等の様々な種類のハープを弾きこなす。

 

東京音楽大学出身、これまでにハープを篠崎史子、島崎節子、吉田みちこの各氏に師事。

 

最近では2012年ベトナムフェスティバル・メインステージへのソロ出演、2013年7月エレキハープでのライブアルバム「SANAE/SOUHAIT」をリリース。レコ発ライブツアーを東京ほか、全国で3公演開催。

 

現在、日本全国でソロ活動のほか、イベントやライブ、フェスティバル、メディア等への出演や、レコーディングなど、ポップス、ジャズ、ロック、エレクトロ、ダンスミュージックにソウル、映画音楽やクラシック、ミュージカル、民族音楽、ワークショップ講演など幅広く活動中。

 

2014年はFMやまと「大和でNANANA ハーピストSANAEのCome☆音!」番組パーソナリティ。

 

セカンドアルバムリリースの予定もされており、これまでになかったダイナミックで迫力ある斬新なハープの表現が注目を集めている。

© 2014 by アッコルド出版