最寄りの地下鉄駅から北星学園大学のキャンパスへといつの間にか道は入ってしまう。近隣住民の生活道路にもなっていて、門どころか壁すらない。