中期の傑作を弾き切って、一仕事終えた感が漂うダネルQ。