ブラームス・ザールのロビーは、なんともノンビリした空気が満ちている。