常に我が道を行く審査員がお一人、劇場は暗くなり、袖にクァルテットが控えているのに、まだ到着なさいません。