ベートーヴェンの散歩道を散歩しているのは、ヴァイオリニストの加納伊都さんだ。ウィーン国立音楽大学の演奏科を首席で卒業し、現在は、ロンドンを本拠地に、演奏活動を展開している。

 

​ちょうどこの連休は帰国して、コンサートやライヴを行なっている。

http://itokanoh.com/

昨日も、地元の横浜の本牧で、トーク付きのコンサート。

楽曲の背景や逸話も、一歩さらに深く入り込んでいて、感心もし勉強になる。例えば、「浜辺の歌」は、成田為三が、東京音楽学校(東京芸大)時代に作曲されたものだが、この作品でもって愛の告白をしたが、残念な結果だったとか。ドヴォルザークの鉄道オタクは娘婿のヨゼフ・スーク(日本でも人気だったヴァイオリニストのヨゼフ・スークの同名の祖父)に及んで、結婚までにこぎつけるのが大変だったとか……

音楽の散歩道

アッコルド編集長 青木 日出男​​

↓加納さんに教えてもらったウィーンの有名な楽譜店「ドブリンガー」

楽譜・楽書の数が膨大で、当然ながら日本ではすぐに手に入らないものがたくさんある。トランペットに関係する楽譜だけでも、続々出てきて数え切れない。日本には入ってこない、楽譜、楽書、文献が数多くあることを目の当たりにする。

© 2014 by アッコルド出版