―癒える(い・える)

1 病気や傷などが治る。よくなる。治癒する。「病(傷)が―・える」

2 悲しみや苦しみ、悩みなどが消える。おさまる。「心の傷が―・える」

 

人生悲喜交々...まさにそれを実感した年度末だったから、

そして、引き続きバタバタと落ち着かない新年度なものだから、

思わず、こんな言葉が気になってしまう。

 

時間もないのに、庭に出て土いじりをしてみたり。

ことさら丁寧に、コーヒーや紅茶を淹れてみたり。

友人がくれた香りのよいハンドクリームを、何度も手に塗ってみたり。

 

気持ちが荒んでいる訳でもないし、疲れに絶望を感じることもない。

けれども、こうした気分転換は必要だなと思う。

もう少し、時間が欲しいけれど。

 

「癒える」...この言葉は、好きだ。

「のどの渇きを癒す」「温泉に入って疲れを癒す」...。

「癒す」「癒される」も、なかなかいい。

 

ただ、これが、"癒し"となると、どうもダメだ。

「い・やし」という音(おん)が、「卑しい」に似ているからだろうか。

だったら、単純すぎてゴメンナサイだ。

 

それにしても、"癒し"という語、

辞書によっては調べても出てこない...いつ名詞化したのだろう?

 

"癒しブーム"なんてものがあった。(1980年代?1990年代?)

「癒し」が「ブーム」って、どんな時代だったんだろう。

"癒しグッズ"...この名前もまた。

 

じっと待つ。癒えるのを待つ。

厳しく優しく、包み込むように寄り添ってくれる時間。

大切にしなくては。

 

 

"healing"=治療(法)。癒すこと。心理的な安心感を与えること。

 

"heal"=「傷や火傷などを直す,痛みを癒す,故障を直す」

(ちなみに"cure"は主に「病気を治す,(悪)癖を直す」意味で使う、と)

 

"health"は、「癒すheal」に状態を表す「th」がついたもの、

つまり"健康"とは「癒されている状態」...なるほど。

 

心身を癒してくれるものがある。

痛みを忘れさせてくれるものがある。

 

"見る""聞く""嗅ぐ""触る""口にする"

五感のどれかが満たされると、ホッとするのは確かだ。

その小さなホッが、傷を癒す手助けをしてくれることも知っている。

 

職業柄、『ヒーリング・ミュージック』や『音楽療法』が気になる。

しかし、その職業柄「音楽に癒されない」ことも多い...。

 

馴染み深いクラシックが流れてくれば、つい耳が勉強してしまうし、

(もちろん上手に楽しめる人もいる…羨ましい)

ヴァイオリンが聞こえてくれば、厭らしく値踏みしてしまう自分がいる。

 

なかなか素直に楽しめない、それって、

すごく、損をしている気がする。

お酒が飲めないのと同じくらい、損をしている気がする。

 

 

ウシに音楽を聞かせると乳がよく出る、とか。

お酒に音楽を聞かせるとまろやかになる、とか。

トマトやニンジンに音楽を聴かせると甘さが増す、とか。

(でも、聞かせ過ぎたら枯れそうになった、とか。へえぇ。)

 

諸説紛々、しっかりした裏付けは、まだ無いようだけれど、

そういうことがあっても不思議ではないと思っている。

どういっても空気の振動(波)だし、“耳”がなくても問題ない。

ただ、受け手に「好き嫌い」はあるかなぁとは思う。

 

牛の中にもモーツァルトが嫌いなヤツがいるかもしれない。

ラヴェル好きの日本酒、美空ひばり好きのワイン、ジャニーズ好きのスコッチ。

「"望郷のトマト"~アンデスの音楽を聴いて甘く切なく育ちました」

少し、方向が間違っているか...(笑)。

 

 

いつも気になってしまう"音"がある。

ありきたりだが、例えば、駅の"発車メロディ"。

最近、気になるのは、家電の"お知らせメロディ"。

我が家の炊飯器は、懸命な演奏を毎日「はいはい」とすげなくされている。

 

もちろん、音色や音程も気になるけれど、

"発車メロディ"に関して言えば、途中でプツッと切れるのがどうも...。

あの容赦のなさが、学生時代の実技試験を思い出させる。

時間が来ると無情に演奏切られたんだよなぁ、ブチっと。(トラウマ?笑)

 

家電製品などのお知らせ音、

「どんな音なら気にならないか」というアンケートを見つけた。

結果は、「メロディなど音楽的な音」と答えた人が半数近く。

"発車メロディ"が誕生したきっかけも、

「(単純な)ベルや電子音は耳障り」という苦情からだという。

 

分からなくはないが、いや、よく分かるのだが、

それらが注意喚起のための"音"だということを考えると、

気に障る程度の音でなければダメなのでは?と思ったりもする。

それに…「音楽的な音」?…ううむ。

 

今や、あらゆる場所に人工的な音(音楽)が満ちているが、

そういう状況に、すっかり慣れ切っている自分が情けなくもある。

 

基本的に、ひどく不快でなければ、

そこに"音"があることにさえ、気付かない。

耳には入っているが、聞こえていない。(ある種の自衛手段?)

だから、不快感と共に、"それ"に気付くときは、

かなり耳が嫌がっているということになる。

 

その「線引き」は、耳(頭)の中の「どこの」「誰が」しているのか?

面白い。

誰か教えてほしい。

 

 

不快と言えば、その昔、

「嫌な音を無理やり聞かせる」という拷問があったのだという。

=大音量のノイズを聞かせ、精神的に苦痛を与える。

想像しただけで、耳の奥が、頭の芯が痛くなる。

 

 「テロの容疑者などの拘束者に対し、あるアーティストの楽曲を、

 24時間エンドレスで、大音量で聞かせていた、

 それを国連の拷問反対委員会が拷問と認定し、禁止を呼びかけた」

 

こんな、過去のニュース記事も見つけた。

そんなことに自分の楽曲を使われたアーティストの気持ち...。

 

パチンコ店のあの大音量は傍を通るだけでも、わが耳には完全なる凶器だが、

その音量は、「冷静な判断能力を麻痺させるため」

「高揚感を高めるため」「遊戯に没頭させるため」に必要だと?

 

3.11の後しばらくして再開した近所のパチンコ店、

節電のためか何なのか、音が小さめで静かだった。

特にそれで問題はなさそうだったが、異様と言えば異様。

 

そういえば、『パチンコ耳栓』なんてものを見つけた。

耳鳴り・頭痛・疲労を起こさないようにするためのものだとか。

ん? ならば、「のめり込み」や「散財」に"音(量)"は関係ない?

 

騒音トラブルを引き起こす側にいる人間としては、

好きでもない曲を、しかも、不完全な形で繰り返し聞かされる苦痛を、

理解しておかなければいけないと、改めて自省する。

 

 

状況的に、許せないのは、

ある空間で2つ以上の音楽が重なって鳴っているとき。

耳が痛い...。頭がグラグラする...。心がささくれ立つ...。

 

それが、とてもお洒落な空間だったりすると、

もったいないなぁと思ってしまう。

がんばれ、ミュージックコーディネーター!

 

レストランなどで演奏しているときの、

皿やカトラリーの立てるカチャカチャという音は、

間違いなく「敵」ではあるが、(強敵だ!)

納得尽くなら、まったく問題はない。

料理がそれで美味しくなるのなら、本望でもある。

 

演奏者として戦う相手は、実は他にある。

"匂い"だ。

 

演奏と匂い? まったく関係はなさそうだが、

精神的には、かなり影響があると思っている。

 

大昔に一度、どこだかのホールで、(何か事故があったのだろう)

舞台上が下水の匂いのようなひどい異臭で覆われて、

プレーヤー全員で何とかしてくれと懇願したことがある。

 

「こんなんじゃ、息が吸えないよ!」

それはまずい。呼吸ができなければ、演奏はできない。

管楽器でなくても...。

 

小さなライブハウスで演奏していたとき、

厨房の方から美味しそうなフライドポテトと唐揚げの匂いが...。

なんだろう、そういう匂いがすると、

一挙に気が緩んで、演奏がフニャフニャになってしまう。

食い気の優先順位が高い? そうかもしれない(笑)。

 

"食卓音楽Tafelmusik"=王侯貴族などの食卓の傍らで演奏...

そのとき演奏家達は、どんな匂いの中で演奏していたのだろう?

どうせなら、ワインや紅茶の香りに包まれて弾きたいと願う。

焼き鳥の匂いを嗅ぎながら『バッハの無伴奏』なんて絶対弾けない、弾きたくない。

 

アロマ好きの友人は、好きな香りをハンカチに落としておいて、

演奏する前にさりげなく、その香りを嗅いでいる。

そういえば、自分も、演奏前にミント系のタブレットを口にする。

これも、ミントの香りとその効能にご厄介になっているということか。

 

 

こんな話になったのは、

頂いたばかりの、ミモザのリースがきっかけかもしれない。

飾った玄関には、よい香りが漂っていて、

通る度に、大きく息を吸ってしまう。

 

― ミモザ mimosa

本来はマメ科の植物である"オジギソウ"を言うらしいが、

今は、マメ科アカシア属の俗称にもなっている。

というのも、南仏からイギリスに輸入されたフサアカシアの切花を、

英国人が、"mimosa"と呼んだ事に始まったらしい。

(どちらもポンポン状の可愛らしい花だ。アカシア属は触れても「お辞儀」はしないが)

 

ミモザの花言葉は、「友情」「秘密の恋」「思いやり」

過ぎてしまったが、3月8日はイタリアでは『ミモザの日』、

男性が日頃の感謝の気持ちを込めて、

恋人やマンマ、身近な女性にミモザの花を贈る習慣があるのだとか。

 

ミモザ...実は、ヴァイオリンと縁がない訳ではない。

アカシア属の樹木から取れる"カテキュー"は、

ヴァイオリンの染料(赤褐色)としても用いられている。

 

ああ、勿体付けてはみたが、 頭の中は今、"ミモザサラダ"である。

この期に及んでやはり食い気か!という感じだが、

「美味しい食事は最上級の『癒し』」ということで許されたい。

 

さて、タマゴを茹でるとしようか。

野菜は春野菜...菜の花、グリンピース、アスパラガス!

春の香り満載。

ああ、とても幸せだ。

ヴァイオリン弾きの手帖

ヴァイオリニスト、ヴァイオリン教師 森元志乃

第54回 春を告げるミモザ

© 2014 by アッコルド出版