クラシックの作品であるけれども

リ・アレンジ

 

チェリスト古川展生さんの新たな世界

──革命的演奏スタイル

リサイタルの革命的演奏スタイルを見た思いだ。

2月17日のヤマハホールでの古川展生さん(Vc)と塩入俊哉さん(Pf)のコンサートだ。

 

「クラシックの作品であるけれども、それをその通り弾くのではなくて、リ・アレンジするわけです。塩入さんは、アレンジの天才でもあるのですが、例えば、ショパンの別れの曲やクライスラーの小品といったものを塩入風にアレンジしてもらって、ジャズ風の愛の悲しみ、といった新しい一面を感じてもらえるような作品です。」

 

昨年、古川さんに取材したときの言葉だ。その意味が身に染みいるように理解できた。 別に目新しいことではないと思われる方もいるかもしれない。だが、私には、新しい演奏スタイルとして、これから定着していくような気がする。

 

そう思わせられたのは、やはり素晴らしいアレンジと演奏のなせる業なのであろう。 カッチーニのアヴェ・マリアには、心を鷲掴みされた。 当夜アンコールで演奏されたリ・アレンジの「鳥の歌」には、新たな感動を覚えた。

 

このコンセプトは、古川さんが新しくリリースする「古川展生GENTLE SOULS」で、まとめられている。古川さんは、今年、バッハの無伴奏組曲全曲もリリースする予定。

 

取材:青木日出男

古川展生GENTLE SOULS

 

古川展生Vc、塩入俊哉Pf,Arg

 

収録曲

別れの曲(ショパン)

アヴェ・マリア(カッチーニ)

愛の夢(リスト)

マイ・フェイバリット・シングス(F・ロジャース)

ブルレスク(カプースチン)

水のない河(塩入俊哉)

愛の悲しみ(クライスラー)

愛の言葉(カサド)

ルーマニア民族舞曲(バルトーク)

ソレダー(ピアソラ)

荒城の月(滝廉太郎)

鳥の歌(カザルス)

約束(塩入俊哉)

 

MECO-1019(定価¥2,857+税)

撮影:KOBAYASHI Yow

撮影:KOBAYASHI Yow

© 2014 by アッコルド出版