ヴィオラの祭典、『ヴィオラスペース』から誕生した『第3回東京国際ヴィオラコンクール』の出場者募集が開始された。

 

1992年に始まったヴィオラスペースでは、毎回、ヴィオラの魅力を発信し、独奏楽器としてのヴィオラの地位を高め、また多くの優秀なヴィオラ奏者を育て上げてきた。

 

その活動の一環として、2009年よりアジアで唯一の国際的なヴィオラ単独のコンクール『東京国際ヴィオラコンクール』が創設され、3年に1度開催されている。

 

今回の募集は、2015年5月30日~6月7日に開催される『第3回東京国際ヴィオラコンクール』(審査委員長:今井信子 会場:上野学園 石橋メモリアルホール)のためのもので、今年の12月1日までの申し込み期間となっている。

 

出場資格は1985年1月1日以降に出生の者で、国籍は不問。

 

詳細は

http://tivc.jp/competition/#requirements

 

※なお、今年のヴィオラスペース2014 Vol.23は、5月20日~5月28日に行なわれる。今回のテーマは、《英国に育まれたヴィオラ音楽》ということで、ヴィオラ奏者の巨匠、ライオネル・ターティスとウィリアム・プリムローズの音楽が取り上げられる。

詳細は、

http://tvumd.com/program/detail/?event_code=violaspace&program_id=this_time

第3回東京国際ヴィオラコンクール出場者募集

© 2014 by アッコルド出版