チケットプレゼント

芥川也寸志メモリアル オーケストラ・ニッポニカ
第24回演奏会 野平一郎・歌・フランス~歌手・荻野綾子の追憶に
11月24日(日)紀尾井ホール 20名様ご招待

芥川也寸志メモリアル オーケストラ・ニッポニカは、2002年に設立。以後、日本人作曲家作品の演奏に積極的に取り組んでいる。

 

今年7月には、「没後10年 石井眞木へのオマージュ」と題し、故・石井眞木氏の作品と縁のある作曲家の作品を、野平一郎氏の指揮で演奏し好評を博した。なかでも、石井眞木・作曲「交響的協奏曲」はこの時が初演で、客席は躍動感のある演奏に引き込まれた。

 

11月24日(日)には「第24回演奏会 野平一郎・歌・フランス~歌手・荻野綾子の追憶に」が行なわれる。

♪聴きどころをうかがいました♪
 

昭和初期に活躍した歌手・荻野綾子は、日本の作曲家たちにオーケストラ付き歌曲を多数委嘱して初演・再演を行なった、日本の音楽史上最も創造的な活動を行なった歌い手のひとりであると言って過言ではありません。オーケストラ・ニッポニカは、これまで荻野が委嘱した作品のうち、橋本國彦、早坂文雄、伊藤昇、諸井三郎などの歌曲を演奏して参りました。

 

2007年に東京藝術大学附属図書館の収蔵品の中から日本を代表する作曲家たちの300点近い手稿楽譜が発見され、旧蔵者である荻野綾子にちなみ、これら大量の楽譜は「荻野文庫」と正式に命名されました。第24回演奏会は聴衆のみなさまと共に、改めて荻野綾子の業績を顕彰しようとする試みであります。


近衛秀麿編曲による新発見の歌曲や、ニッポニカで3度目の再演となる名曲「笛吹き女」など、演奏会の前半は荻野綾子の1929年5月日本青年館におけるリサイタルの再現です。後半はショーソンが書いた唯一の交響曲。


これらの作品を実力派の声楽家・手嶋眞佐子が歌い、フランスに学んだ日本屈指の作曲家である野平一郎が指揮をする演奏にご期待ください。

芥川也寸志メモリアル オーケストラ・ニッポニカ
第24回演奏会

野平一郎・歌・フランス~歌手・荻野綾子の追憶に


11月24日(日) 14:30開演(14:00開場)
会場:東京四谷・紀尾井ホール

指揮:野平一郎
メゾ・ソプラノ:手嶋眞佐子*

ゲストコンサートマスター:高木和弘
管弦楽:オーケストラ・ニッポニカ

曲目:

近衛秀麿編曲/フランス17世紀歌謡集(1929) *
ショーソン/リラの季節~「愛と海の詩」より(ブーショール・作詞)(1886)*
橋本國彦/笛吹き女 (深尾須磨子・作詞)(1928)*
ショーソン/交響曲 変ロ長調 作品20(1890)

料金:全席指定 S 3,000円/A 2,000円

 

オフィシャルサイト

http://www.nipponica.jp

 

フェイスブックページ

https://www.facebook.com/events/369355446530045/

〈チケットプレゼント〉

 

「第24回演奏会 野平一郎・歌・フランス~歌手・荻野綾子の追憶に」のチケットを20名様にプレゼント。

ご希望の方は、氏名、郵便番号、住所、電話番号、メールアドレス、希望の枚数(複数枚可)を明記の上、お申し込みください(11月17日23時59分締切)。応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。

Your details were sent successfully!

© 2014 by アッコルド出版