チャイコフスキーを弾き終え、熱狂するファンの長いサインの列に応えるダネルQ。 いちばん奥が唯一の創設メンバーとなってしまった第1ヴァイオリンのマーク・ダネル。