響きは時空を翔けめぐる
川本嘉子ヴィオラリサイタル#1

ヴィオリスト川本嘉子さんが、ゲストにハーピスト吉野直子さんを迎えてリサイタルを行なう。川本さんは、このリサイタルを「実験的な試み」と、話してくださった。

 

 

「今回のプログラムは、かなり珍しいラインナップになっているんです。


シューベルトのアルペジオーネソナタと、ドビュッシーのソナタは、通常チェロとピアノで演奏されます。武満徹の『海へ』は、アルトフルートとギター、またはハープのために書かれています。

 

つまり、すべて他の楽器のために書かれた曲なのですね。

 

こういった場合、実際に音を出してみて、演奏可能かどうか検討するのですが、今回は音を出す前にプログラムを決めたのです。

 

すなわち、実験なんです。

 

もちろん、『できる』という確信が、多少なりともあったので『このプログラムでいこう』と決めたのですが。

 

道程がどうであっても『成功』を死守するつもりです。」

 

ーー ハープとの共演は珍しいと思うのですが、どのような経緯で?

 

「吉野さんがドビュッシーをチェロと弾いている本番を聴いて、素敵だなあ!と思いました。


ご存知のように、ドビュッシー(フランス音楽)とハープは大変相性が良く、ピアノに書いた音すらハープを想像して書いたのだろう、と思われる箇所がたくさんあります。


今回のリサイタルでは、ドビュッシーのアイディアの『根源であったであろう』を音に変換してお届けしたいと思います。」

 

ーー 吉野直子さんとは、これまでも共演されているのですか?

 

「吉野さんとは同じ世代の演奏家なので、随分の演奏時間を共有してきました。


20代の頃、同じ夏、マルボロ音楽祭に参加したので、その時にプライベートでも仲良くさせていただいて、それ以来の仲です。偶然にも、同年参加だったので嬉しかったですね。


その後もサイトウキネンなどで、ほぼ毎年、夏を共に過ごしています。

 

フルート、ハープ、ヴィオラの組み合わせでは、ドビュッシー、武満徹が立派な作品を残していますし、バックスやブリッジなどは、ハープとヴィオラための作品もあるので、私達は幾度もの演奏会を共にしてきました。


その都度 成長したいという気持ちと共に、反省しながら……」

 

ーー 聴衆にメッセージを。

 

「どんな音がするのか、まずは聴いてくださる方それぞれが想像して、そして来場してくださると嬉しいです。」

 

 

取材:向後由美

インタヴュー

響きは時空を翔けめぐる
川本嘉子ヴィオラリサイタル#1

 

日時:11月2日(土) 19:00開演

会場:両国門天ホール

出演: 川本嘉子(ヴィオラ)

    ゲスト 吉野直子(ハープ)

曲目:バッハ/シャコンヌ、シューベルト/アルペジオーネ・ソナタ、ドビュッシー/アラベスク 第1番(H. ルニエ編)、チェロ・ソナタ(ヴィオラ版)、トゥルニエ/ジャズ・バンド作品 33、武満徹/海へ

料金:全席自由 一般予約3000円、学生2700円(当日券は500円増し)

予約・問合せ:両国門天ホール

tel/fax :03-6666-9491(平日13:00~17:00)

http://www.monten.jp

主催:両国門天ホール(一般社団もんてん)

© 2014 by アッコルド出版