チャリティーのチケットをもぎると、そこには等身大澤和樹パネルがお出迎え。並んで記念撮影をする人も。