真っ暗な中からバッハが響く。藝大音楽部長でも、教授でも、父や夫でもなく、ひとりの裸のヴァイオリニストとしての澤和樹が、己の原点を晒し、新たな人生へのスタートを宣言する。