森岡聡(2ndVn) 6才よりバイオリンを始める。 都立芸術高等学校を経て、東京藝術大学卒業。在学中に安宅賞。卒業時に同声会賞を受賞。 これまでにヴァイオリンを服部芳子、岡山潔,寺岡有希子、 森悠子、青木高志各氏に師事。 佐々木亮、松原勝也、河野文昭各氏に室内楽を師事。 藝大モーニング・コンサートに出演、藝大フィルハーモニアと共演。 長岡京室内アンサンブルに参加。紀尾井シンフォニエッタ東京アンサンブル2012に出演。 紀尾井シンフォニエッタ東京2010-2011シーズンメンバー。 京都市交響楽団ゲストアシスタントコンサートマスター。 在学中にセノーテ弦楽四重奏団を結成し、 第53回JTが育てるアンサンブルシリーズ、第37、38回藝大室内楽定期演奏会に出演。 奏楽堂ハイドンシリーズ2011、2012最終回に出演。 東京藝術大学とウイーン国立音楽演劇大学の共同プロジェクト「haydn total」 (ハイドン弦楽四重奏曲全68曲CD録音)に参加。 リゾナーレ音楽祭2011室内楽フェスティバルに出演。 Affinis Academy Project 2013に参加中。