天井が高く、内装も歴史を感じさせる。だが、響きがあちこちに散ってしまう「教会っぽい音」の空間ではなく、案外と室内楽に適した場所であった。