気楽な格好でやってきた紳士はヴィクトリア・ホールの館長さん。エスプラネードのプロデューサーから紹介され、サントリーホールのプロデューサーが慌ててご挨拶。